Googleマップ有料化に伴う
仕様変更について

  • HOME
  • Googleマップの有料化に伴う仕様変更について

Googleマップをホームページ上に表示させるため、
「GoogleAPIキー」の取得が必須となりました。
さらに、この度Googleによってマップは「従量課金制」と変更されており、
サイトの閲覧数やMapの呼び出し数によって料金が発生する仕様となりました。
上記に伴いまして、リブロでは
ユーザー様が独自にAPIキーを設定できる領域を開放し
APIキーをユーザー様にてそれぞれ設定していただきたく
お知らせ申し上げます。
お手数ではございますが、皆様のご理解とご協力の程をよろしくお願いいたします。
※また、同時にタグマネージャーやサーチコンソールなど、
各種計測タグを設置する領域も開放しております。

GoogleAPIキーと
従量課金について

一定の表示回数を超えると料金が発生する従量課金制となります。
1ヶ月あたりの料金について、目安は下記リンク先をご確認下さい。
※地図の呼び出し1,000回あたり7$の費用がかかりますが、
月200$分までの無料枠があります。

※最大で月間28,000回の読み込みが無料で使えます。
 そのため、多くのユーザー様は無料枠の中で月のアクセスが収まっている計算となります。

Google Maps Platform

GoogleAPIキーの
設置場所

リブロ管理画面

管理画面 > リブロ基本情報登録 > 各種計測タグ
※詳しくは管理画面にログイン後ご確認下さい。 リブロでGoogleマップが利用されている箇所

  • 物件ページ(建物ページ、部屋ページ)
  • 会社概要ページ
  • 日記ページ

GoogleAPIキーがないと
今後どうなる?

error

アクセスマップエラー画面

true

アクセスマップ通常表示

GoogleAPIキーがないとエラーが発生し、正しくMapが読み込まれません。
また、リブロではGoogleAPIキーを設定しない場合には地図の表示枠が非表示となります。

GoogleAPIキーについて
より詳しく見る

下記リンク先をご確認下さい。
※管理画面にログインした状態でご確認下さい

APIキーの発行方法について