「不動産営業の三角形」という話

リブロ導入企業様の紹介

光田アイコン.gif本日はちょっとテイストを変えて・・・
先日、リブロご利用中のお客様と食事に行ってきました。そこで不動産営業に関わるタメになる話をお聞きしましたのでこの場をお借りしてちょっと共有させて頂きます!
「不動産営業の三角形」という話
家を探しに来ている人は3つの要望を持っている。
①家賃 ②立地 ③設備
これらの要望全部を満たすご提案は綺麗な正三角形となる。ただ、そのような物件は存在しない。どれか一つを失わなければならない。
その「どれか」を一緒に考え、逆に言うと絶対条件は「どれ」なのか。
常に正三角形を理想とし、正三角形を満たせないうえでのご提案を心がけることが重要
ちなみに私はここで綺麗な正三角形のまま面積を小さくする提案の方が良くないですか!?
と言ったところ・・・
全然響きませんでした。なぜでしょうか。自分に置き換えてみました。
これは物件に限らず、「不動産ホームページ」にもいえること。
例えば
①手間 ②コスト ③集客
この三角形を望む会社様は多いように思います。
やはり、全部をかなえるサービスというのは難しい。
ホームページ集客をするなら手間をかける必要があります。手間をかけたくないなら連動サービスなどにお金をかけなければなりません。どちらの方法もとれないのなら集客は難しい。
同じことで、
 ●ちょっと手間をかけてもらい、
 ●ちょっと高いサービスを使って
 ●ちょっと反響が来る
なんてサービスを提案しても響かないですよね。
不動産会社様の現状・要望をしっかりお聞きしマッチングしたサービスとしてリブロをご提案する。
そういう営業を心がけよう!と再確認させて頂いた話でした。

リブロの活用、コンテンツ作成についてのご相談を受け付けています


WEB・SEO・コンテンツについて相談する

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ