不動産を知らない人に優しいサイトを目指す

WEB集客ノウハウ

muraishi.jpg
こんばんは、村石です。
普段、何気なく使っている言葉。
それが一歩外へ出てみたら全然通じないなんて事・・ありませんか?
■詳しくない人に、専門用語は通じない
いきなりですが、下記の用語の意味をおわかりでしょうか?
「送りバントは“インフィールドフライ”にならない」 とか
「“ボールデッド”になったから二塁に進む」 とか
「またあの投手が“ホールド”を記録したよ」 とか
野球に詳しい方なら、おわかりですよね。
しかし、野球に詳しくない方にとっては、
「はぁ・・?」と思われたのではないでしょうか。
■専門用語を頻繁に使っていませんか?
物件を探す人に対してのアプローチにも同じことが言えます。
一例ですが、ホームページの物件PR文に、
「当物件は当社の“管理物件”です」とだけ記載されているのを、
たまに見かけることがあります。
不動産業界に携わっている人には、意味は通じます。
しかし、不動産業界に携わったことのない人にとっては
意味が通じることは少ないと考えるべきです。
■わからない用語のあるサイトは逃げられやすい
人間には、意味不明な単語に数多く接すると、
無意識に現状から避けようとする習性があるそうです。

つまり、物件を探す人にとってわからない用語が多いと
「これ以上、探すのは止めよう」と逃げられてしまいます。

せっかくホームページに集客したのに、
「わからない用語があるから」という理由だけで逃げられるのはもったいないですよね。
絶対に防ぎたいところです。
■不動産を知らない人に優しいサイトを目指す
例に出した“管理物件”であれば、
「管理物件だからどのようなメリットがあるのか」
この段階から説明をしていかなかればなりません。
学生を集客対象にしているのであれば尚更です。
用語の意味を長く記載する必要はありません。メリットをさらっと書いてあげるだけで良いのです。
物件情報の入力やお知らせ・日記を更新する際は、
不動産業界に飛び込んだ直後のご自分に戻ってみてください。
これだけでも、お客様からの印象は全然違います。
繁忙期前に、ホームページに記載されている文言を見直してみてください。

The following two tabs change content below.
ReBlo.jp

ReBlo.jp

不動産専用ホームページ作成サービス「リブロ」は、貴社専用の不動産ホームページを短期間で作れる新しいサービスです。リーズナブルな料金で高機能なリブロなら「こんなサイトが作りたかった」を実現させます。

リブロの活用、コンテンツ作成についてのご相談を受け付けています


WEB・SEO・コンテンツについて相談する

The following two tabs change content below.
ReBlo.jp

ReBlo.jp

不動産専用ホームページ作成サービス「リブロ」は、貴社専用の不動産ホームページを短期間で作れる新しいサービスです。リーズナブルな料金で高機能なリブロなら「こんなサイトが作りたかった」を実現させます。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ