Twitterのアカウントが生年月日でロックされた話

WEB担当者のつぶやき

突然ですが、昨日弊社のTwitterアカウントがロックされる出来事がありました。
定期的なお知らせなどで利用しているのですが、ホームページなどからもつながっているため消えるとそれはそれで不便なような。
今回のロックはそれはもう一言で表現するなら「ただの操作ミス」なのですが、これを機に一連の流れを記録しておきたいと思います。

間違ったら一発ロック!

2018年5月25日から適用された新しいルールにより誕生日の入力から、13歳以下に該当するとTwitterの利用ができなくなりました。
これはEU圏の居住者を対象にした個人情報保護の規則が変更されたことに基づくものですね。
個人情報の保護をとても厳格に定めたもので、Google広告などでも個人情報保護についての規則が新しくなり同意を求める表示が出ていたと思います。

ちなみに規約上13歳未満のルールは遡って適用はされないようです。
なので今の時点で13歳以上の場合はTwitterの継続が可能なため、アカウント凍結の解除ができるとのこと。

しかしこのロックが本当に一瞬で、「あ、間違えた」と思ったときには即ロック。
入力された項目から自動で判断しているためロックされた以降は悲しいお知らせ画面へ飛ばされます。

lock01

一番下に出てくる「お困りですか?」に声を大にして言いたい。
「困ってます!!!」
こうなるともう解除申請コースです。
企業アカウントあるあるかもしれませんが、Twitterの仕様上、2018年など13年前よりも新しい西暦が選択できるため、サービスや会社のできた日を入力するとこういった事態になりやすいそうですね。

弊社はサブアカウントも作成してありそちらに心機一転切り替えても良かったのですが、せっかく育ててきたアカウントなので大人しく解除申請を行うこととします。

いざ、解除申請へ

ロック解除までの道のりは以下のステップです。

  1. 申請フォームからアカウントのID、氏名やメールアドレスなどの情報を入力
  2. 書類提出
  3. 自動返信を待つ

何という簡単な3ステップでしょう。
申請が完了すると、こちら側にできることは待つことのみです。

まず、アカウントがロックされていることを知らせる画面の右にある「こちら」をクリックして申請フォームへ移動します。
アカウントのIDと氏名、メールアドレスを入力。
企業アカウントやサブアカウント、お店のアカウントの場合でもそのアカウントを実際に管理運用している人の名前を入力してくださいとあります。
おそらく、後ほど登場する書類と照合するのでしょうが・・・・。

そして、問題の提出書類がこちら。

「公的機関から発行された身分証明書のコピー(運転免許証、パスポート、出生証明書など)をアップロードしてください」

・・・・!!
運転免許証かパスポートを提出するとのこと、ちなみに受付は画像形式のみの様子。
PDFは該当しないため、パスポートの画像を取り込みJPEGにして提出しました。

提出後、自動返信メールが来るとのことなのでそれを待ちます。

lock03

本当に自動返信メールだなぁ。
とにもかくにもTwitterさんにお願いしなければアカウント復活の道は閉ざされたままです。
次のステップの案内を大人しく待ちましょう。

無事にロックが解除されました

長ければ数日かかったという人もいるようですが、我々は当日の20:24にメールを受信。
申請を出したのが14:00頃なので6時間半ほどで返信が来たようです。

lock02

それだけ!それだけ・・・!

ともかく、この一文を頼りにTwitterに再度アクセスします。

帰ってきてる!!!
フォローもフォロワー数も無事!

時々、24時間くらいはフォロー数などが不安定な様子、という記事を見ていたのでほっと一安心です。

これにて無事に解決。

ただ、1クリックに近いところでアカウント凍結が起きてしまうため誰かがアカウントのパスワードを悪用し、例えば意図的に生年月日を変更するとしばらくアカウントが凍結されてしまいます。

端末にはきちんとパスワードをかけて保護しておくことや定期的にパスワードを変更するなど自衛が必要かもしれません。

そもそも、SNSや登録系で必須項目以外に色々と生年月日や居住地域などを聞かれることはありますが
任意項目とはいえ個人情報ですので入力しないというのも自衛の手段だと思います。

まずは操作を間違えたりしないことが重要なのですが!

The following two tabs change content below.
ReBlo.jp

ReBlo.jp

不動産専用ホームページ作成サービス「リブロ」は、貴社専用の不動産ホームページを短期間で作れる新しいサービスです。リーズナブルな料金で高機能なリブロなら「こんなサイトが作りたかった」を実現させます。

リブロの活用、コンテンツ作成についてのご相談を受け付けています


WEB・SEO・コンテンツについて相談する

The following two tabs change content below.
ReBlo.jp

ReBlo.jp

不動産専用ホームページ作成サービス「リブロ」は、貴社専用の不動産ホームページを短期間で作れる新しいサービスです。リーズナブルな料金で高機能なリブロなら「こんなサイトが作りたかった」を実現させます。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ